97年から横浜を拠点としてSTERUSS(ステルス)を結成。 03年にCRIME6、BELAMA2、DJ KAZZ-Kの2MC & 1DJの構成になる。 自主CD-R「One coin sampler」を発表し、同年BLAST監修のコンピレーションCD「HOMEBREWER'S 2」の参加をきっかけに活動の場所を全国区に広げた。 その後05年にALBUM「白い三日月」をリリース。 その中の1曲「真夏のJAM」が縁を呼び、横浜のJAZZの一大イベント横浜ジャズプロムナードにおいて鈴木勲率いるOMA SOUNDと共演するなどジャンルの壁を越えて活動場所を広げていった。 06年にはDJ KAZZ-KがP-VINE監修のJAPANESE RAP MIX CD「overrap」のDJに大抜擢されDJ個人としても活動の場所を全国区に広げた。 また、同年に12inch「風見鶏のうた/184045/マイク中毒pt2」を発表。 07年に発表した12inch「ソラノウタ/尖/killing me softly」、08年に発表のALBUM「円鋭」では鈴木勲 (Bass)、スガダイロー (Piano)、toto (Poetry Reading)などと共演する事で音楽としての幅を広げた。 2010年にはZZ PRODUCTION(サイプレス上野とロベルト吉野、DJ KENTA等所属)としてクルーのアルバム 「ZZ」を発表。 その後、LIVE DJをビート武士(ZZ PRODUCTION)が譲り受けて正式にSTERUSSに加入。 元バトルDJのスキルを十二分に発揮し、STERUSSのライブを更に高い次元へと導いている。 現在はCRIME6、BELAMA2、DJ KAZZ-K、ビート武士の4人で活動中。 そして待望のNEW ALBUM「The Rap Messengers」が2012年9月5日発売決定。 溜め込んだVIBESを開放するときが来た。